ゴールドピーチ

ゴールドピーチ

¥3,240

一つの枝に一つの果実しかならせず、ITによる精密な栽培管理が行われるフルーツ工場で育った黄桃です。

完熟するまで収穫しませんので、黄桃本来の風味を楽しめます。マンゴーのようなトロピカルな風味を感じる方が多いようです。その一方で、完熟しているので日持ちはしません。

そのまま食べられる黄桃に出会ったのは2011年。千葉大学で園芸実習を受講していた時、お世話になっていた教授に「果樹を栽培するのであれば、まずは品種を知るべき。」「この黄金桃はそのまま食べられる黄桃で、抜群に美味しい。」と教わり、試食させていただいたことがきっかけでした。

フルーツ工場では2018年から黄金桃の栽培を開始し、現在は70本ほどの樹を管理しています。2023年からは、新しくつきかがみという最新品種の黄桃も栽培開始予定です。お楽しみに!

栽培の様子

花の色は淡いピンク色。一つの枝に何十輪と花が咲くため何もしなければたくさんの桃を収穫出来るのですが、摘蕾、摘花、予備摘果、仕上げ摘果という作業を繰り返してどんどん摘んでいき、最終的には一枝一果に限定します。こうすることで全ての美味しさを一つの桃に凝縮させることが出来るのです。

仕上げ摘果の様子はまさに決勝戦。手前の桃と奥の桃をよーく見比べて、色、形、大きさ、傷、病気などを丁寧に確認します。どちらの桃も遜色ないのですが、必ずどちらか一つだけを残していきます。こうして選びに選び抜かれ、戦いに勝ち残った桃だけが商品として世に出ていくのです。

その他、注意事項など

  • 品種は黄金桃です。
  • 産地は神奈川県相模原市です。
  • 8月下旬以降、随時発送します。
  • 常温で1〜2日置いておくと果肉が柔らかくなり、果汁あふれる食感になります。
  • 果肉が柔らかくなったらできる限り冷蔵庫に入れて保存してください。