美味しさ追求し続ける日本のフルーツ

Maiko について

Maiko は技術革新を常に取り入れ、美味しさ追求し続ける日本のフルーツです。

自然と共生するための持続可能性を考え、透明性を高めることで安心安全をお届けする。

世界中の人がいつでも食べられる、美味しい日本のフルーツです。


Maiko は以下の3つの特徴を持つ日本のフルーツです。

1 持続可能な方法で栽培し販売される日本のフルーツ

私たちは地球環境のことを常に考えながら、 Maiko を栽培しています。栽培に使う資材をもっと減らせないか、かん水の精度をさらに高め節水できないか、より土壌病害に強い栽培方法にできないか、環境に優しい梱包資材はないか、簡素な包装にするにはどうしたらよいか、食品ロスを減らすために何ができるのか。

自然と共生している私たちには、これらのことを考えそして実行する責任があると考えています。

2 高い透明性で安心安全な日本のフルーツ

Maiko は、私たちが農園から販売まで一貫して責任を持ち、皆様にお届けしています。

ITで管理された独自の栽培法により、適量の農薬、適切な施肥量で Maiko を栽培しています。

さらに Maiko を安心して食べられるように、私たちは積極的に産地や栽培履歴、物流履歴を公開し、透明性を高めていきます。

3 技術革新を常に取り入れ、美味しさを追求し続ける日本のフルーツ

Maiko 独自の栽培法である「フルーツ工場」は、より美味しく安心安全な日本のフルーツを、世界中の人がいつでも食べれるようにするため、日々改善改良が繰り返されています。

私たちは2016年から、日本のフルーツの美味しさを追求するための栽培法を、農業技術やITの力を駆使して研究開発しています。

Maiko が目指すもの

Maiko は、これまでの日本のフルーツの作り方・売り方・食べ方の常識を一新する、日本のフルーツです。

栽培を自動化し、完熟状態で収穫し、世界中の人がいつでも食べられるようにする。

これを実現するために、既存の日本のフルーツの栽培から販売までを徹底的に見直し、 Maiko らしい新しい方法や技術を採用する。

Maiko は日本のフルーツの美味しさを追求し続けます。